찝쩍대다/ちょっかいを出す

この記事は約1分で読めます。

「찝쩍대다」は『ちょっかいを出す』とほぼ同じ意味です。特に説明することはありませんので類義語をいくつかご紹介します。

찝쩍대다 = 찝쩍거리다 = 찝쩍이다
집적대다 = 집적거리다 = 집적이다

찝쩍대다 > 집적대다
찝쩍거리다 > 집적거리다

찝쩍이다 > 집적이다
一見複雑そうに見えますが、実は簡単です。

「찝쩍대다、찝쩍거리다、찝쩍이다」は「집적대다、집적거리다、집적이다」より強くいう言葉です。バサリをバッサリというようなものです。

でも実際は「집적대다、집적거리다、집적이다」はあまり使われません。使用頻度は찝쩍대다 ≒ 찝쩍거리다 > 찝쩍이다順です。

찝쩍대다と찝쩍거리다はほぼ同じ割合で使われていますが찝쩍이다は前の2つよりは少ないです。

それから、『ちょっかいを出すな!』の意味で使われた場合は最後に悪い言葉が付くことが多いです。

『許さないからな、殺してやる、消えろ』などなど。

  • 내 여동생한테 찝쩍대지마라, 가만 안 둔다.
  • 한 번만 더 찝쩍거리면 죽여버린다.
  • 귀찮게 찝쩍이지 말고 저쪽으로 꺼져줄래?

コメント